関西人は「大阪に住むなら北部の北摂がいいよ」と・・、

先ず、大阪府というのは大阪湾に面していて北から南へと細長い形をしていますし、其々の地域ごと、つまり昔の「郡」の名称を付されているのが一般的とされているのです。 例えば南の端の地域は泉南地域、そして最も北部に位置するのが豊能地域とも言われますが、この地域名でも北摂津、つまり「北摂」といわれる地域は、豊能地域や三島地域という事になるでしょう。

其の「北摂」といわれる中心地域というのは、主なところでは吹田市や茨木市、其れに高槻市などとも言われていますが、特に吹田市は大阪万博や吹田ニュータウンでも知られていて、自然と居住地が程よくマッチしているところといえそうです。 又、高槻市は京都にも近く東海道や私鉄、其れに名神、新名神のJACもあって交通の要衝でもあります。

茨木市は大阪市内に近いという利便性も有って、更に両市の特徴は路線の南部側は市街地が広がっていますが、北部のほうは各大学などの学園都市でもあり、自然が大きく広がっている地域でも有って、大阪でも最も環境の良い住みやすい地域として人気のあるところとなっています。

関西の人達がよく住み良い街と言われる言葉に「大阪に住むなら北部の北摂がいいよ」とされているようです。 ただ、「北摂」というと広義では上記以外にも池田市や豊中市が会話の中の北摂とも言われていて特に、阪急宝塚線界隈に住み人たちはこれ等の意識が強いともされているようです。 其れは兵庫県内でも特に人気のある一昔前のリゾート地・宝塚に最も近い地域が池田や豊中になるのです。