自宅倉庫で熱帯魚の繁殖

私の夫がある日、会社の人にディスカスとかいう熱帯魚を4匹もらってきて自宅で飼育を始めました。自宅倉庫に眠っていた大きな水槽を取り出して、ヒーターや空気を送る機械を買ってきました。初めはリビングで飼育していたのですが、夫が「これ繁殖させるとお小遣い稼ぎになるんだよ」とか言って、繁殖させるために本を読み漁る毎日でした。勉強の甲斐あってか、ある朝気がつくと、本当に小さな卵がたくさん生まれていました。その卵が孵化してたくさんの幼魚が出てくると、子供達は大喜び。夫は調子乗って友人から追加でディスカスを5組(つがい)ほど譲ってもらってさらに繁殖を試みました。その頃には水槽が7つにもなり、家の中に置く場所がなくなってしまい、庭の倉庫に水槽を全て移動しました。徐々に個体が増え、水槽の数も増えていき、倉庫はみるみる熱帯魚ショップのようになっていきました。さらに、子供が小さい頃に使用してた空気を入れて使用するプールに水を張ってメダカの飼育も始めました。倉庫に他のものを入れることもままならず、私はイライラしました。ある日の朝、庭に出ると倉庫から水が流れていました。メダカを飼育していたプールの空気が全部抜けて水が流れ出し、メダカは全滅してしまいました。ディスカスは、結局ブームが下火になって買い手が見つからず、友人が引き取ってくれて我が家の熱帯魚ショップの真似事は終了しました。今では、倉庫が広々と利用できて、私的にはすごく快適です。メダカがかわいそうでしたが…。